Member LOGIN

長崎県離島医療医師の会 Facebook

お問い合わせ 0957-52-3121お問い合わせ 0957-52-3121

長崎県離島医療医師の会 事務局

ごあいさつ

あなたも島で地域医療をやってみませんか!

長崎県は約600の島々を有する全国一の離島県

長崎県は九州の最西端に位置し、大小約600の島々を有する全国一の離島県です。うち有人島は77を数え、県の面積の40%を占め、県人口の10%弱にあたる約12万人が暮らしています。長崎県では、これまで40数年にわたり離島での医療システムの確立と「長崎県医学修学資金貸与制度」と「自治医科大学制度」での医師養成に取り組み、全国的にも類を見ないモデル的な地域医療体制が構築されています。

顔の見える環境での医療はやりがいに繋がる

地域医療とは地域という枠組みのなかで、住民に対し医療者が何を提供できるのかを考えることだと思います。したがって、住民のニーズ、行政、医療者の意見をうまくかみ合わせることが重要です。離島やへき地には、閉鎖的であるが故に人間関係が濃厚で、お互いの関係が構築・理解しやすい環境があります。そのため、やりたい医療が容易に実践でき、保健・福祉に取り組むことも出来るようになっており、例えば疾病の予防・早期発見に努めれば、予後の改善、医療費の抑制といった効果も比較的短期間に現れてきます。
このような取り組みは苦労も多いのですが、顔の見える環境でやれる医療はとても楽しく、また地域からは社会的評価を得られ、それが社会貢献になるという手ごたえを感じることができます。
『日々努力したことが地域のためになっている。』この感覚はとてもやりがいのあるものだと思います。

あなたも島で地域医療をやってみませんか!

島には歴史と文化と自然と温かみがあります。海の音を聞き、自然の恵みにあやかり、人の優しさに触れる、そんな環境でできる心が通う医療は、医療人としての原点かもしれません。

長崎県離島医療医師の会(もくせい会)会 長 一宮 邦訓

長崎県離島医療医師の会(もくせい会)概要

もくせい会とは長崎県の離島・へき地医療に従事している医師の団体

長崎県は九州の最西端に位置し、大小約600の島々を有する全国一の離島県です。うち有人島は77を数え、県の面積の40%を占め、県人口の10%弱にあたる約12万人が暮らしています。長崎県では、これまで40数年にわたり離島での医療システムの確立と「長崎県医学修学資金貸与制度」と「自治医科大学制度」での医師養成に取り組み、全国的にも類を見ないモデル的な地域医療体制が構築されています。

会員数 170
平成29年10月16日現在

正会員 79名
準会員(医師) 12名
準会員(学生) 70名
特別会員 9名

離島の地域医療 NAGASAKI長崎県にて 現役勤務している医師が長崎県の離島医療に関心のある 医師 研修医 医学生をサポートしています キャリア相談など

長崎県の離島・へき地において住民のニーズにあった地域医療を展開するとともに、離島およびへき地医療の向上・発展に貢献することを目的としています。

会の名称「もくせい会」の由来

長崎県が国立大村病院を医学修学生の臨床研修病院と指定した時に、県は修学生のための宿舎建設に踏み切りました。宿舎が出来上がろうとする時に修学生の同窓会の名称をどうするかが議論されたのが、ちょうど木犀(もくせい)が咲こうとする時期でした。また、修学生は親元病院を中心に離島医療に従事することになることから、イオ、エウロパ、カリストなど10個を超える衛星を持つ太陽系最大の惑星である木星(もくせい)に因んで『もくせい会』はどうだろうかということになり、宿舎の玄関に木犀を植樹しました。

もくせい

ホームもくせい会とは長崎県離島医療医師の会について

長崎県離島医療に興味ある 医師・研修医・医学生の方へ

  • 長崎県の離島で活躍する 先輩たちの声
  • キャリアプラン 相談コーナー
  • 長崎県離島医療 見学ツアー
  • 0957-52-3121 お問い合わせ
  • 長崎県離島医療医師の会 もくせい会について